スタッフ紹介


ホームページへ

 主なメンバーは北海道対がん協会検診センターで消化器病・がん検診の仕事をしてきた専門スタッフです。患者さんとの信頼関係をもっとも大切にする、理想の医療を目指しています。一体化したチームワークの良さを誇っています。

院  長   吉田裕司
医    師   三宅由里子
放射線技師  石岡 亮 鵜野雅浩
看 護 師  秦野由美江 坂口裕子 影山ことみ 藤井智子
       本間理恵 中川理恵
医療事務   樋口美貴 東海林絵美 佐藤亜里沙  金井瑞喜
       

 

院 長
吉田裕司

 

 

昭和42年 北海道立岩見沢東高校卒業
昭和48年 北海道大学医学部卒業
北海道大学第1内科研究生
岩見沢市立総合病院内科勤務
昭和50年 北海道対がん協会検診センター内科勤務
昭和51年 国立がんセンター放射線診断部研修
昭和56年 北海道大学医学博士
平成 2年 北海道大学医学部講師(非常勤)
平成 5年 北海道対がん協会検診センター内科部長
平成 8年 北海道対がん協会検診センター副所長
平成12年 胃腸科・内科 吉田裕司クリニック開院

日本消化器病学会消化器病専門医

日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本消化器がん検診学会指導医
日本内科学会認定医

 北海道対がん協会検診センターを拠点に、胃・大腸など消化管の診断を主な仕事としてやってきました。これまで全国のトップレベルの仕事をし、多くの医師の指導をしてきました。胃のX線精密検査・内視鏡検査はおよそ25,000例。大腸内視鏡検査は約15,000例の実績を誇っています。そして、この分野では「並の医者とは数段違う」との自負があります。
 しかし医療は技術だけではありません。何よりも大切なのは心です。医師と患者さんとの信頼関係です。これまで一般の多数の患者さんのために働いてきましたが、私を信じて、私を頼りにしてくれる人達のために仕事をしてみたいと思っています。自分達のためでなく、患者さんの利益を最優先する理想の医療を目指しています。

             ページ先頭へ

 

医 師
三宅由里子

 

 

昭和58年 神奈川県立湘南高校卒業
平成 元年 順天堂大学医学部卒業
順天堂大学医学部付属順天堂医院内科研修医
平成 3年 北海道大学第1内科研究生
平成3〜6年   以下の第1内科関連病院で研修

  

国立函館病院呼吸器科、帯広厚生病院内科

幌南病院内科、美唄労災病院内科
国立療養所札幌南病院内科
平成 6年 北海道対がん協会検診センター内科勤務
平成 7年 国立がんセンター放射線診断部研修
平成12年 胃腸科・内科 吉田裕司クリニック勤務
日本内科学会認定内科専門医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本消化器がん検診学会認定医
 順天堂大学と北海道大学第1内科の関連病院で呼吸器・循環器・消化器・血液・内分泌など内科の各部門の研修を受けました。その中で消化器疾患に最も興味を引かれ、この分野で専門医として著名な吉田先生のいる北海道対がん協会検診センターで勉強させていただくことになりました。
 対がん協会の6年間で基本から最先端まで、技術的なことに加え医療に対する考え方を学びました。まだまだやることは多いとは思いますが、胃のX線精密検査・内視鏡検査10,000例、大腸内視鏡検査9,000例の経験を生かし、患者さんとの信頼感を大切にして日々の診療にあたりたいと思っています。

             
ページ先頭へ

 

放射線技師
石岡 亮

昭和45年 札幌市立旭丘高校卒業
昭和49年 北海道大学医学部付属診療放射線技師学校卒業
昭和49年 北海道対がん協会検診センター放射線科勤務
昭和54年 国際協力事業団ボリヴィア国消化器疾患研究プロジェクト専門家として技術指導
昭和56年 北海道対がん協会旭川がん検診センター
平成 3年 北海道対がん協会検診センター放射線技術部画像技術科長
平成11年 北海道対がん協会検診センター放射線技術部次長
平成12年 胃腸科・内科 吉田裕司クリニック勤務
 北海道対がん協会で消化器検診を主な業務として行ってきました。この間、吉田先生をはじめとする消化器診断のトップの先生と一緒に早期癌発見に取り組んできました。北海道全域にわたり年間およそ5,000件の胃X線検査を実施し、最近はCTによる肺癌検診、X線画像による乳癌検診などの新しい分野の検診も推進してきました。
 これらの実績と経験を生かし、最新で最高の検査技術を提供していきたいと思っています。また、当クリニックの理念の一つである、患者さんと同じ目線に立った心の通う医療を目指したいと思います。

             
ページ先頭へ

 

放射線技師
鵜野雅浩

昭和53年 北海道立穂別高校卒業
昭和55年 陸上自衛隊入隊
昭和62年 自衛隊中央病院診療放射線技師養成所卒業
平成 元年 自衛隊退職
北海道対がん協会検診センター放射線科勤務
平成25年 北海道対がん協会釧路がん検診センター
平成29年 北海道対がん協会札幌がん検診センター放射線科科長補佐
平成30年 胃腸科・内科 吉田裕司クリニック勤務
超音波認定技師
 北海道対がん協会では胃がん検診と並行して腹部超音波検査による消化器がん検診を主に実施してきました。予防医学を中心に検査をしてきましたが、当クリニックではそれに加え、現在、症状のある患者さんへの検査と対応が必要となります。今、自分ができる技術を生かし、正確で必要な検査を実施することで、患者さんの安心につながる医療を一緒に目指していきたいと思います。

             
ページ先頭へ

 

看護師
秦野由美江

昭和54年 北海道立富良野高校卒業
昭和56年 旭川医師会高等看護学校准看護婦科卒業
富良野市山部厚生病院勤務
昭和63年 同上退職
平成 9年 帯広市さとう内科循環器科クリニック勤務
平成12年 同上退職
平成14年 胃腸科・内科 吉田裕司クリニック勤務
 当クリニックでは毎日胃と腸の検査があり、癌をはじめたくさんの病気が発見・診断されています。これまではおもに治療に関わってきましたが、予防医学の重要性と検査の大切さを再認識しています。
 多くの方に少しでもリラックスして楽に検査が受けていただけるように手助けができればと思っています。スタッフ全員がとても暖かい気持ちを持っているクリニックです。私もその中で良い看護について、また新しい発見ができそうな気がしています。

             ページ先頭へ

 

 

 

看護師
坂口裕子

平成 7年 北海道立富良野高校卒業
平成10年 滝川市立高等看護学院卒業
滝川市立病院内科勤務
平成17年 滝川中央病院勤務
平成26年 札幌道都病院勤務
平成27年 胃腸科・内科 吉田裕司クリニック勤務
 この度、クリニックの一員となりました。先生方やスタッフの丁寧な説明と対応、新たに経験する専門分野の知識や技術の習得に勉強の毎日です。1日も早く専門スタッフとして、患者さん一人一人により良い看護の提供が出来るよう努力していきますので、よろしくお願いいたします。

             ページ先頭へ

 

看護師
影山ことみ

平成 3年 札幌市立清田高校卒業
平成 6年 国立療養所西札幌病院附属看護学校卒業
国立小児病院血液内科勤務
平成11年 国立札幌病院小児科勤務
平成17年 前川整形外科勤務
平成18年 同上退職
平成21年 胃腸科・内科 吉田裕司クリニック勤務
 クリニックに訪れる患者さんにとって、私たちと関わるのはとても短い限られた時間です。だからこそ不安や緊張を少しでも和らげることができるよう、一人一人、心を込めて対応していきたいと考えています。どうぞどんな些細なことでも遠慮なくご相談下さい。

            ページ先頭へ

 

看護師
藤井智子

 

平成 2年 北海道立石狩高校卒業
平成 4年 釧路市立医師会付属准看護学校卒業
武隈外科医院勤務
平成 6年 川島内科胃腸科勤務
平成10年 北海道対がん協会検診センター内科勤務
平成12年 同上退職
平成15年 小樽看護専門学校卒業
平成23年 胃腸科・内科 吉田裕司クリニック勤務
 対がん協会で一緒に働いていた縁で、この度、当クリニックにお世話になることになりました。毎日多くの患者さんが来院され、診療・検査を受けられています。院長・三宅先生への信頼はもちろんのこと、チームワークの良いスタッフの努力あってのことと思います。1日も早くクリニックの一員として、皆様の健康維持へのお手伝いができるよう、日々精進してゆきたいと思っています。 

            ページ先頭へ

 

看護師
本間理恵

 

平成14年 小樽私立双葉高校卒業
平成16年 苫小牧市医師会附属看護専門学校卒業
医療法人ひまわり会札樽病院勤務
平成17年 ヒューマンライングループホーム自由の丘勤務
平成19年 同上退職
平成23年 胃腸科・内科 吉田裕司クリニック勤務
 毎日多くの患者さんが来院されるなかで、先生方やスタッフの方々の対応や看護師のあり方など学ぶことがたくさんあります。経験の少ない私ですが、日々、多くの知識や技術を身に付けていきたいと思っています。また、胃や大腸の検査を受けるため来院する方が多く、少しでも検査を受ける不安を取り除けるように努め、心を込めた対応ができるように努力したいと考えています。

                       ページ先頭へ

 

           

看護師
中川理恵

昭和61年 北海道立紋別北高校卒業
平成 元年 国立療養所札幌南病院付属看護学校卒業
国立療養所小樽病院重症心身障害児者病棟勤務
平成 2年 国立療養所西札幌病院小児整形病棟勤務
平成 4年 聖母会天使病院小児病棟勤務
平成 9年 北海道対がん協会検診センター内科勤務
平成12年 吉田裕司クリニック勤務
 小児医療を8年、癌診断施設で3年間働いてきました。分野は違って見えますが共通するものは健康のありがたさと命の大切さです。それらを守るために、少しでも役立てればと思ってきました。
 そして同じような考えのスタッフが揃ったこのクリニックで、患者さんとのふれあいを大切にし、優しさと暖かさを大事にする看護を目指したいと思っています。 

                       ページ先頭へ

 

医療事務
樋口美貴

 

平成 5年 北海道立釧路紅南高校卒業
平成 7年 静修短期大学幼児教育学科卒業
社会福祉法人愛和福祉会元町保育園勤務
平成 8年 社会福祉法人札幌協働福祉会札幌協働保育園勤務
平成 9年 北海道対がん協会企画課勤務
平成14年 同上退職
胃腸科・内科 吉田裕司クリニック勤務
 当クリニックの、患者さんを第一に考える医療に強く惹かれました。保母の資格と経験が役に立つかどうか分かりませんが、優しさと誠意を持って何事にもあたってゆきたいと思っています。医療事務は未経験です。ご迷惑をかけることもあるかもしれませんが、ベストを目指して頑張りますので、よろしくお願いいたします。

             
ページ先頭へ

 

医療事務
東海林絵美

 

平成14年 札幌私立静修高校卒業
平成16年 光塩学園女子短期大学食物栄養科卒業
医療法人渓仁会定山渓病院総務課勤務
平成19年 同上退職
平成20年 胃腸科・内科 吉田裕司クリニック勤務
 これまで病院に勤めてきたことがきっかけで、資格を取得しました。
 当クリニックのスタッフは患者さん一人一人に丁寧かつ的確な対応を心掛け、私自身、日々、勉強させていただいています。まだまだ至らぬ点が多いですが、患者さんとのコミュニケーションを大切にして、安心・安全な診療を受けていただけるよう努めていきたいと思います。

                        ページ先頭へ

医療事務
佐藤亜里沙

 

平成17年 北海道立岩見沢農業高校食品科学科卒業
株式会社モシモト入社
平成19年 同上退社
平成24年 社会医療法人恵佑会札幌病院勤務
平成30年 同上退職
胃腸科・内科 吉田裕司クリニック勤務
 当クリニックでは患者さん一番に考え、信頼関係を大切にしています。患者さんが安心して安全な診療を受けられるよう、日々勉強しながら努めていきたいと思っています。ご迷惑おかけすることもあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

          ページ先頭へ

 

医療事務
金井瑞喜

 

平成30年 北星学園女子中学高等学校卒業
令和 2年 札幌医療秘書福祉専門学校卒業
イムス札幌消化器中央総合病院医事課勤務
令和 3年 胃腸科・内科 吉田裕司クリニック勤務
 当クリニックの基本理念に揚げている「医療の原点は信頼」という言葉に深く共感しました。まだ医療事務の経験が浅く至らない点が多いと思いますが、一日でも早く、周りのスタッフや患者さんから信頼される医療事務員となれるよう日々努力してまいります。これからもご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

          ページ先頭へ

 

ホームページへ  前ページへ  次ページへ